-

自動車を売却するとき、中古車の買い取りの時も印鑑証明という書類が必要になってきます。それではこの印鑑証明について説明していきます。印鑑証明というのはある印鑑が実印として効力を持つことを証明する目的を持つ正式な書類です。これがない場合には使っている印鑑が実印として効力を持つことが実証できません。個人にとっては相当高額な取引になる自動車の買い取りなので実印が必要ですが、それと同時に印鑑証明という書類が登場します。この印鑑証明をつくるためには、まず印鑑証明の手続きをする必要があります。印鑑証明書に登録するはんこは正式には実印といい、同じものが二つとない印である必要があります。この実印を手配して、お近くの市役所などの受付に行けば、印鑑登録をすることができます。印鑑登録をすれば印鑑登録カードなるものを発行してもらえて、印鑑登録手続きをした印鑑は実印として認められたということになります。印鑑証明書を発行してもらうためには、役所の取次ぎ所へ出向き専用の書類に必要項目を記入して印鑑登録カードを持って行くだけで大丈夫です。それから、自動交付機を使って印鑑証明書を交付してもらうことができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。なので、どれだけ前の印鑑証明であろうが証明書としての効力はあるということになります。ですがクルマ買い取りの際は必要になるのは3ヶ月以内に発行されたものとされています。ほとんどの場合有効期限を気にする必要はないのですが、自動車売却の際には買い取り先が期限を設定していますので、仮に車売却を考えているなら、持っておくことが望ましいです。